投稿日:2021年11月30日

塗膜防水とは?種類別の特徴について

こんにちは!大阪府八尾市に拠点を設け、シーリング工事や防水工事、外壁補修工事のご依頼を承っている株式会社恩栄工業です。
防水工事の一つに塗膜防水がありますが、それにはウレタン塗膜防水などいくつか種類があります。
塗膜防水の種類によって特徴があり、種類ごとに適する現場が異なります。
塗膜防水を成功させるには、現場に最適な工法を選ぶことが大切です。
そこで今回は現場に最適な塗膜防水を選びたいという方向けに、塗膜防水の種類別に特徴をご紹介します。

水性塗膜防水


塗膜防水とは液状の防水材を塗布して、化学反応によって防水機能のある膜を形成する防水工法です。
塗膜は時間が経つことで硬化し、建物内部などに浸水することを防ぎます。
そして、水に溶かして使用できる水性の塗料を使った塗膜防水が、水性塗膜防水です。
塗膜防水で使用する塗料は幅広く、独特な臭いが発生するものもあります。
有機溶剤を使って溶かさないといけない塗料もあり、取り扱いに注意が必要なものも少なくありません。
しかし、水性塗料は有機溶剤が必要なく、独特の臭いも発生しないため、扱いやすい塗料であることが特徴です。

ウレタン塗膜防水

ウレタン塗膜防水は、液体状のウレタン樹脂を塗布して防水機能のある塗膜を形成する工法です。
塗膜にはウレタン特有の弾性があり、硬化しても建物に追従して伸び縮みします。
また、地震などの衝撃によってウレタンがひび割れる心配が少なく、浸水のリスクを軽減することが可能です。
他にも、ベランダや陸屋根、屋上など、幅広い現場で活用できる汎用性が魅力です。
改修工事の際に使用されることの多い工法でもあります。

FRP防水

FRP防水はFRPを使用して、防水層を形成する工法です。
FRPは、ガラス繊維強化プラスチックの略称になります。
ガラス繊維強化プラスチックとは、ガラス繊維と一緒にすることで強度を高めた合成樹脂のことです。
曲げた際に割れにくいほか、歩行による衝撃にも強い耐久力があります。
FRP自体が軽量で住宅にも負担をかけないため、バルコニーやベランダといった人の行き来が多い場所に適しています。
また、FRP防水は塗膜防水の中では比較的硬化が早く、工期が短くできるのも特徴です。
そのため、早めに防水工事を終わらせたいという方には、最適の施工方法といえます。

恩栄工業へご相談ください!


大阪府八尾市に拠点を置く株式会社恩栄工業は、外壁補修工事や防水工事などに取り組む防水工事業者です。
プロとして仕上がりの美しさにもこだわり、ご満足頂ける工事を実現いたします。
施工からメンテナンス、アフターフォローなどあらゆるご依頼に対して責任をもって対応いたしますので、株式会社恩栄工業にお任せください。
ご依頼の際は、お問い合わせページよりご連絡いただけます。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

株式会社恩栄工業
〒581-0883 大阪府八尾市恩智中町2丁目139番-9
TEL/FAX:072-970-5542


関連記事

【経験不問】積極採用中!

【経験不問】積極採用中!

こんにちは!株式会社恩栄工業です。 弊社は大阪府八尾市に事務所を構え、防水工事・シーリング工事などを …

シーリング防水工事

シーリング防水工事

こんにちは!株式会社恩栄工業です。 弊社は大阪府八尾市に事務所を構え、防水工事・シーリング工事などを …

【求人募集】現場スタッフを募集しています!

【求人募集】現場スタッフを募集しています…

こんにちは!株式会社恩栄工業です。 弊社は大阪府八尾市に事務所を構え、防水工事・シーリング工事などを …

 お問い合わせ  求人・協力会社さま募集中