投稿日:2021年11月30日

アスファルト防水の特徴をご紹介!

こんにちは!大阪府八尾市に拠点を構え、シーリング工事や防水工事などを手掛けている株式会社恩栄工業です。
防水工事の工法には、塗膜防水をはじめさまざまな工法があります。
アスファルト防水も防水工事の工法の一つですが、どんな工法なのか詳しく知らないという方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、アスファルト防水の特徴についてご紹介いたします。

アスファルト防水とは


アスファルト防水は、加熱により熔融させたアスファルトにルーフィングを貼り重ねていく工法です。
ルーフィングとは、合成繊維不織布にアスファルトを浸み込ませて、コーティングを施したシート状の材料を指します。
ルーフィングシートを貼り重ねることにより、水密性に優れた防水層を構成できる工法です。
そのため、露出仕上げにしたり屋上緑化を施したり、押さえコンクリートで仕上げるなど、仕上げの方法も幅広くあります。
アスファルト防水の工法には、熱工法やトーチ工法など複数種類あり、現場や要望に応じて選択することが大切です。

長所・短所

アスファルト防水の長所として、耐用年数が長いことが挙げられます。
なぜなら、熔融したアスファルトとルーフィングを重ねることにより、高い耐荷重性や密閉性を実現できるからです。
また、ルーフィングの数を変えれば、より防水性能を高めることもできます。
希望通りの防水性能を実現したいという方にとって最適です。
短所は、施工時に独特の臭いが発生することが挙げられます。
ただ、臭いに関しては熔融時に混ぜると臭いを緩和できる消臭剤などもあるため、対策できない短所ではありません。
高い防水性を実現したいならおすすめの工法です。

適した現場

アスファルト防水は、主に屋上防水として活用されています。
屋上は一般住宅のほか学校や病院など多種多様な施設にありますが、アスファルト防水は特に大型施設の屋上での防水工事に適しています。
その理由は、アスファルト防水の耐用年数が長いからです。
大型施設の屋上は戸建てなどの一般住宅の屋上と比べると大変広く、施工にかかる費用も多くなります。
頻繁に防水工事をすれば、大きな負担になるといえるでしょう。
耐用年数が長ければその分維持費を抑えられるため、大型施設の屋上に最適なのです。

恩栄工業へご相談ください!


株式会社恩栄工業は外壁の補修や防水工事、シーリング工事などに対応している防水工事業者です。
戸建てやマンションなどの一般的な住宅はもちろんのこと、ホテルや店舗など幅広い商業施設の施工にも対応しております。
柔軟な姿勢でご要望に応え、仕上がりの美しさも重視して施工を行っておりますので、株式会社恩栄工業にご相談ください。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

株式会社恩栄工業
〒581-0883 大阪府八尾市恩智中町2丁目139番-9
TEL/FAX:072-970-5542


関連記事

新規スタッフ募集中!防水工事の施工も承っております!

新規スタッフ募集中!防水工事の施工も承っ…

こんにちは!株式会社恩栄工業です。 弊社は大阪府八尾市に事務所を構え、防水工事・シーリング工事などを …

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

株式会社恩栄工業では、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満足いただけるサ …

シーリング防水工事

シーリング防水工事

こんにちは!株式会社恩栄工業です。 弊社は大阪府八尾市に事務所を構え、防水工事・シーリング工事などを …

 お問い合わせ  求人・協力会社さま募集中